通販のバイスマを正しく効果的に使うなら

薬のイメージ画像バイスマはどのような薬なのか?ということは大体お分かりいただけたかと思いますが、非常に効果的な薬であっても正しく服用しなければ十分な効果は得られません。

ここでは、バイスマの効果を最大限に引き出すためにも、正しい用法用量とともに効果的に服用するコツをご紹介します。

バイスマの基本的な飲み方

薬を飲んでいる人バイスマは性行為の30~60分前に水やぬるま湯と一緒に服用します。

基本的な飲み方は以上になりますが、バイスマの有効成分であるシルデナフィルクエン酸は食事の影響を受けやすい特徴があるので、空腹状態で服用するようにしてください。

食事してしまったという場合には、最低でも2時間空けてからバイスマを服用してください。

アルコールの影響は受けにくいですが、過度の飲酒によって性的刺激を感じにくくなってしまうので飲酒は控えておきましょう。

ちなみに、バイスマの効果は4~6時間ほど持続します。

効果が持続している間は何度でも勃起可能ですが、バイスマはあくまで勃起を促進させる医薬品なので性的刺激がなければ勃起しません。

そのため、必ず性行為をする前に服用してください。

 

バイスマを効果的に服用するコツ

バイスマの効果を最大限に引き出すには用法用量を守って服用することが一番です。

ですが、少し服用方法を工夫するだけでよりバイスマの効果を引き出すことができます。

 

性行為1時間前がベストタイミング

バイスマの有効成分シルデナフィルクエン酸は水に溶けるのが早いため、早ければ服用後30分ほどで効果が出てきます。

ですが、薬の成分が十分に溶けて血中濃度がピークを迎えるのは約1時間後です。

そのため、バイスマパワーMAXの状態で性行為をしたいのであれば、行為をするタイミングを逆算し、1時間前に仕込んでおきましょう。

 

食事は低カロリーでヘルシーなものを

野菜のイメージ画像バイスマは食事の影響を受けやすいので空腹時に服用します。

ですが、ハイカロリーの食事や満腹になるまで食事をすると、たとえ食後2時間空けて空腹の状態であっても効果が現れにくくなります。

せっかく服用するのであれば、バイスマを服用する直前の食事は低カロリーでヘルシーなものを選びましょう。また、食事量も腹7分目程度に抑えておきましょう。

 

服用量は最小限で調節しよう

バイスマは有効成分の含有量が50mgの商品と100mgの商品の2種類あります。

有効成分の含有量が多いほど効果は高くなりますが、その分副作用が現れやすくなります。

副作用のリスクを下げる&コスパを上げるためにも服用量は最小限に調整しましょう。

錠剤は錠剤分割専用のピルカッターを使用し、25mg~服用していきます。効果が十分感じられ、副作用が現れない服用量を見つけることができれば、身体的にも金銭的にもバイスマの服用が負担になりません。

 

副作用が心配な方は市販薬を

バイスマの効果は気に入っているものの副作用が強い、バイスマを服用して副作用が出たらどうしよう…と悩んでいる方は、バイスマと一緒に市販薬を服用しましょう。

バイスマの副作用はバイアグラと同じ吐き気や頭痛が挙げられます。

ただし、市販の酔い止めを服用すれば吐き気防止、頭痛薬を服用すれば頭痛防止できるので、こうした薬を活用してみましょう。併用も問題ありません。

 

バイスマ服用時の注意

バイスマには一緒に服用してはいけない薬や、体質的に服用できないケースがあります。

必ず自分は服用しても問題ないのか?事前に確認してから通販で購入してください。

 

併用禁忌薬

・ニトログリセリン・亜硝酸アミル

・硝酸イソソルビド

・塩酸アミオダロン

・sGC刺激剤

・リオシグアト

 

服用できない方

・女性・重度の肝機能障害

・低血圧

・管理されていない高血圧

・脳出血や脳梗塞(既往歴が過去6ヶ月以内)

・心筋梗塞(既往歴が過去6ヶ月以内)

 

バイスマの通販をするなら

バイスマのパッケージ服用方法を適切に把握することができれば、安心してバイスマを使いED改善を行えます。

バイスマはバイアグラのジェネリックであることから多くの人に利用されており、パッケージなども他のバイアグラジェネリックと違い、日本語表記であるため安心して利用できます。

バイスマの購入はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です